週末ファーマーズ倶楽部ものがたり(001)

きっかけはベンチャーキャピタルから


2009年夏、以前勤めていた大手ベンチャーキャピタルから連絡がありました。
農業に興味があるんだったら、近所の農業生産法人の支援をしてくれないかと。
ベンチャーキャピタルとして出資や支援はできないものの、
前向きに頑張っている農家なので、いろいろと相談にのって欲しいとのことでした。
”アミューズメントファーム”を創りたい!という想いがベースにあり
観光農園として事業を展開する方向に舵を切りたい、これが農家の希望です。

たくさんの企業から提携話の企画書も届いていたので見せていただきましたが
残念ながらピンとくる企画書はありません。
数千万円の投資をして、おしゃれなクラブハウスを作り、サポート付きの市民農園を作る。
投資リスクと事業リスクは農家側に全て押し付けるような企画です。
それ以前にビジネスの企画が安易過ぎます。

そのほかにも、活発にいろいろな動きがありましたが、どれも、、、

それでも、興味をもってくれる方達はたくさんいたので、
2010年1月には、異業種交流的に40名ほどを集めて農場で交流会を開催。
残念ながら、その場では盛り上がっても、具体的な動きには繋がりません。
みなさん、興味はあるので、事業が動き出せば関わりたいという気持ちはあるのでしょうが
自らが率先して事業を作っていくということはしません。
というよりも本業があるので、そこまで対応できません。
当然のことだと思います。

危険な投資は避けたい、安易なビジネスモデルにものならい。
待っていても、良い提案は舞い込んではこない。
自分たちで考えて、自分たちで一歩踏み出すしかない。

だったら始めましょうか

自分も参加するから週末ファーマーズ倶楽部を始めませんか?
隣接する広大な耕作放棄地。
クラブハウスなし、会費なし。
農業をしたい人たちが週末に自由に集まる場。

これはビジネスではないです。
でも、動き始めれば何かが起こるかもしれません。

2010年3月13日(土曜日)
3名がトラクターの前に集まり
週末ファーマーズ倶楽部が活動開始。
農地として何年も使われていなかった土地をトラクターで掘り起こしました。
こんな土地で、まともに収穫できるのか?
こんな広大な土地、3人しかいないけど大丈夫なのか?
全く先の見えないスタートでした。